個別セッションで納得!ストレングスファインダーで自分の強みを知る大切さに気づいた話

社会保険労務士で産業カウンセラーの加賀佳子(@kako_sr)です。障害年金についての生きた情報をブログでお伝えしています。

今回は障害年金から離れた全く個人的な話です。

先日、ストレングスファインダーの個別セッションを受けたところ、当初の期待を超える良さだったため、ブログに書いてみたくなりました。

ストレングスファインダーを受けるには?

ストレングスファインダーってなに?という方はこちら ↙ をご覧下さい。

参考 『ストレングスファインダー 』とは何か、他の自己発見ツールとの違いは何か自分の心を殺してはいけない

テストを受ける手っ取り早い方法は、まず次の本を購入すること。本に附属しているアクセスコードを使用し、ウェブ上でテストを受けることができます。

テストでわかった私の上位資質

今回ストレングスファインダーのテストを受けたのは、Gallup認定ストレングスコーチでいらっしゃる、しずかみちこさんの個別セッションはものすごくいい!特に独立して仕事をしている人は絶対受けるべき!という噂を聞いたため。

参考 ストレングスファインダー・個別セッションのお知らせ自分の心を殺してはいけない

すぐにでもセッションを受けてみたかったのですが、予約が取れず、その翌月もあっという間に予約が埋まってしまい、1月の予約開始日の朝のうちに申し込んでようやく予約をゲット。気になる方は、しずかさんのブログやFacebookページをこまめにチェックすべし。

ストレングスファインダーは以前も受けたことがあったのですが、何年も経っていたため、個別セッションを受けるにあたり、あらためてテストしてみました。

その結果わかった私の上位5つの資質はこちら。前回とは”責任感”と”調和性”をのぞいた3つが入れ替わっていました。

1.共感性 2.調和性 3.責任感 4.慎重さ 5.公平性

うーん、本やサイトの説明を読んでも、どうもピンと来ません。じつは前回の結果もそうでした(ちなみに上位資質が入れ替わることはよくあるようです。しずかさんのブログで知りました)。

個別セッションを受けてみて

セッションの過程

それぞれが持つ資質は、大きく4つのタイプに分けられるそうです。上位資質に3つのタイプが混在している方が多いらしいのですが、私の場合は2つでした。赤は実行力、青は人間関係構築力ということです。

まず、ひとつひとつの資質について詳しく書かれたカードを見て、どう感じるかを伝えたり、ピンとこないところは説明していただいたりしながら、話し合いを深めていきます。

なるほどなるほど、という感じで、どんどん納得。過去のあれやこれやについても、なぜそうだったのか、すとーんとおちていき、最後には、ピンとこなかった資質たちが、自分の中で見事につながってしまったのです。

腑に落ちた。もうそれ以外の言葉では表現できない感覚。これはすごい。

セッションで知った私の強み

最後にしずかさんがまとめて下さった、私の中での各資質の働きはこんな感じ。

共感性・・・アンテナ。直感を信じていい。(自分の感情を大切にすることで、アンテナがみがかれる)

責任感・・・この人の力になりたいと思った相手にわき上がる資質。(自分に向けると苦しくなるので注意。うん、図星)

公平性・・・責任をまっとうするために出てくる資質。理不尽なことなど、相手の不利益を見逃さず見つけられる。

慎重さ・・・責任をまっとうするために出てくる資質。間違いがないように、相手に最善となるように気を配る。

調和性・・・相手を理解して寄り添う。自分の感情をコントロールして、相手に自分の思いを冷静に伝える。

特に責任感は、対”人”で強く現れるようです。そこで公平性や慎重さというふたつの資質が登場。このふたつは相手に対して使っているもので、自分にはそうでもないとのこと(どおりでピンとこなかったはず)。

私にない(下位の)資質と今後の方向性

どうやら私には、リーダーリップやカリスマ性といった人に影響を与える力、戦略的思考力があまりないようです。もうちょっと戦略的になれよと自分にいいたいところですが、資質なので仕方がない(障害年金の仕事に関しては、おそらく「慎重さ」などでこの部分を補っているのでしょう)。

そして、今回知った自分の資質(強み)を好きになることができました。

現在はひとり社労士として障害年金のサポートに特化していますが、会社さんとの顧問契約を持ち、スタッフがいた時期が何年もありました。

数年前に思い切って方向性を変えてしまったのですが(色々な経緯がありますが、半分は直感です)、これでいいのだろうか(人と一緒に仕事をした方がいいのではないか)と迷うことが何度となくありました。

でも、どうやら私は人を雇うのが、あまり上手ではないようです。もっといえば、教えて育てるのが苦手。人と一緒にやるなら、対等な関係のパートナーがいいようです。

また、完全に1人でやる仕事は向いていないようですが、現在は対”人”の仕事なので、うまくいっているとのこと。1人1人に向き合いじっくり関わる。そんなところに、私の強みは活きているようです。

ということは、色々とまわり道はしたけれど、結果オーライだったということ。

「なぜ私はこんなこともできないのだろう。なぜ努力できないのだろう」とおちこむことが本当に度々ありました。でもこれって資質でしかなかったのです。

ストン、と楽になりました。

まとめ

自分の強みを知っておくことで、無駄に悩んだり、大幅にまわり道をすることを回避できるかもしれません。また、私のように自虐的傾向のある人は特に、楽になることができると思いますよ。

社労士 かこ

まるで障害年金の仕事をするために存在しているような資質の私(笑)。こんな私に障害年金の相談をしてみようという方は、こちらからお問い合わせ下さい!

あわせて読みたい関連記事

著書『医療・福祉・年金相談の現場で役立つ!障害年金実務必携』を出版しました(2018.9.20) 共著『就労にまつわる障害年金請求・相談のポイント』が出版されました(2018.10.22)

著書