失語症も障害年金の対象になる!〜音声または言語機能の障害による障害年金の基準とポイント

社会保険労務士で産業カウンセラーの加賀佳子(@kako_sr)です。障害年金についての生きた情報をブログでお伝えしています。

失語症も障害年金の対象になることをご存じですか?

社労士 かこ

今回は、失語症を含めた、音声や言語機能の障害による障害年金の基準、おさえておきたいポイントについて解説します。

音声または言語機能の障害による障害認定の基準

障害年金の認定基準では、音声または言語機能の障害を次のように区分しています。

  1. 構音障害または音声障害・・・歯、顎、口腔(舌、口唇、口蓋等)、咽頭、喉頭、気管等の発声器官の形態異常や運動機能障害により、発音に関わる機能に障害が生じた状態
  2. 失語症・・・大脳の言語野の後天性脳損傷(脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷や脳炎など)により、いったん獲得された言語機能に障害が生じた状態
  3. 聴覚機能による障害・・・先天的な聴覚障害により音声言語の表出ができないものや、中途の聴覚障害によって発音に障害が生じた状態

障害等級は次のようになっています。

2級の状態

  • 発音に関わる機能を喪失した状態
  • 話すことや聞いて理解することのどちらかまたは両方がほとんどできないため、日常会話が誰とも成立しない状態

3級の状態

  • 話すことや聞いて理解することのどちらかまたは両方に多くの制限があるため、日常会話が、互いに内容を推論したり、たずねたり、見当をつけたりすることなどで部分的に成り立つ状態

障害手当金(症状未固定の場合は3級)の状態

  • 話すことや聞いて理解することのどちらかまたは両方に一定の制限があるものの、日常会話が、互いに確認することなどで、ある程度成り立つ状態
MEMO

音声または言語機能の障害のみでは1級になることはありません。ただし、後述するとおり、他の障害が併存する場合は、併せて1級になることがあります。

診断書と認定のポイント

音声または言語機能の障害に関する診断書の記載欄はこちら ↙ です。

気管カニューレ等を挿入している場合

障害の状態は、人工物の装着や、補助用具の使用をしない状態で判断されます。

なかでも気管カニューレや類似のパイプなどを挿入しなければ発声できない場合は2級に認定されることが通知で定められています。この場合、診断書では、一番上の「ア 会話による意思疎通の程度」が「4」(発音に関わる機能の喪失)になるのですが、誤って気管カニューレ等を装着した状態で評価されてしまうことがありますので、診断書を受け取ったらよく確認して下さい。

咽頭全摘出の場合

咽頭全摘出手術により、発音に関わる機能を喪失した場合は、2級と認定されます。

また、初診日から1年6か月経過前に咽頭全摘出手術をした場合は、その日が、障害認定日(障害の状態を認定する日)となります。

障害年金の重要キーワード。障害認定日について

失語症の評価

失語症の場合、診断書では「ア 会話による意思疎通の程度」と「ウ 失語症の障害の程度」の評価が重要です。

失語症の評価には、音声言語だけではなく文字言語(読み書き)も含まれます。音声言語の障害の程度と比較して、文字言語(読み書き)の障害の程度が重い場合は、その症状も勘案して総合的に認定されることになりますので、診断書にも記載してもらうようにします。

他の障害が併存している場合

そしゃく・嚥下機能の障害がある場合

特に構音障害と、そしゃく・嚥下機能の障害とは併存することが多く、障害年金の認定は、両者の等級が併合されます。

診断書は音声または言語機能の障害と同じですので、もし症状があれば両方に記載してもらいます。

そしゃく・嚥下機能の障害の認定等級は次のとおりです。

2級の状態

  • 流動食以外は摂取できないもの
  • 経口的に食物を摂取することができないもの
  • 経口的に食物を摂取することが極めて困難なもの(食餌が口からこぼれ出るため常に手・器物等でそれを防がなければならない状態、または1日の大半を食事に費やさなければならない程度のもの)

3級の状態

  • 経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないためにゾンデ栄養(*)の併用が必要なもの
  • 全粥か軟菜以外は摂取できない程度のもの

障害手当金(症状未固定の場合は3級)の状態

  • ある程度の常食は摂取できるが、そしゃく・嚥下が十分できないため、食事が制限される程度のもの
MEMO

(*)ゾンデ栄養=経口栄養。主として鼻腔からカテーテルを胃内に挿入し、留置したままで栄養物を注入します。

肢体の障害や高次脳機能障害がある場合

特に失語症と、肢体の障害や高次脳機能障害は併存することが多く、この場合も両者(全てある場合は全て)の等級が併合されての認定となります。

肢体の障害がある場合、診断書は「肢体の障害用」となります。

身体の麻痺による障害年金の基準とポイント解説

高次脳機能障害がある場合、診断書は「精神の障害用」となります。

精神・知的・発達障害での障害年金請求でおさえておきたい「等級判定ガイドライン」

障害が重複して起こっていても、診断書を提出しなければ認定の対象になりませんので、注意して下さい。

まとめ

構音障害では、人工物や補助用具を使用しない状態で認定されることが障害認定基準に明記されていないため、特に注意して下さい。

また、失語症は他の障害と併せて起こっている場合が多いのですが、認定の対象になると知らないため診断書を提出していないケースが多くあります。「失語症単独で認定対象になる」ということを、まず多くの方に知っていただきたいと思います。

あわせて読みたい関連記事

20歳以上で受給できる障害年金のしくみと要件についてあらためてまとめてみた 身体の麻痺による障害年金の基準とポイント解説