障害年金の請求でダメだったときのリベンジ方法「不服申立て」を徹底解説〜その3【再審査請求】

社会保険労務士の加賀佳子(@kako_sr)です。障害年金についての生きた情報をブログでお伝えしています。

障害年金を請求したものの思うような結果が得られなかった場合や、受給していた障害年金の等級が下がったり支給停止されてしまった場合などに取ることができる「不服申立て」(審査請求・再審査請求)という手段。

1回目はおもに不服申立て全般に共通する事柄、2回目は一審の審査請求について解説してきました。

障害年金の請求でダメだったときのリベンジ方法「不服申立て」を徹底解説〜その1【不服申立ての概要と準備】 障害年金の請求でダメだったときのリベンジ方法「不服申立て」を徹底解説〜その2【審査請求】

3回目の今回は、二審の再審査請求について書きます。

再審査請求の特徴

二審の再審査請求は、厚生労働省に置かれる 社会保険審査会に対して行います。

少しややこしいのですが、保険者(=原処分をした、国民年金と厚生年金保険の運営主体)は厚生労働省の年金局、社会保険審査会は厚生労働省の保険局に置かれています。

一審の社会保険審査官が独任制なのに対して、社会保険審査会は、審査長と2名の審査員(医療担当・法令担当)の計3名による合議制です。

また、口頭弁論による公開の審理( 公開審理)が行われます。

社労士 かこ

前回も書きましたが、一審の審査請求で棄却されてしまっても、二審の再審査請求で容認されることは比較的多いため、審査請求で諦めてしまわないことが重要です。

再審査請求書の作成と提出

再審査請求の期限

再審査請求の期限は、社会保険審査官の決定書が送付された日の翌日から起算して2か月以内です。

社会保険審査官の決定書は配達記録つきの簡易書留で発送され、いつ送付されたかは社会保険審査会も確認します。

郵便局員が配達に来て、不在のため持ち戻った場合は、実際に決定書を受け取っていなくても、最初に配達に来て持ち戻った日が「送付された日」となりますので、じゅうぶん注意して下さい。

再審査請求書の入手と書き方

再審査請求の用紙の請求先は、社会保険審査官の決定書に書いてありますので、電話などで取り寄せるか、厚生労働省のホームページ(次のサイト)からダウンロードすることもできます。

参考 (再)審査請求書等の様式厚生労働省・社会保険審査

上記サイト内には記載例もありますので、参考にしてみて下さい。

ここで注意していただきたいのは、再審査請求は、社会保険審査官の決定に対する不服ではなく、あくまでも原処分に対する不服を申し立てるものだという点です。

そのため、「再審査請求の趣旨及び理由」が、一審で社会保険審査官に行ったものと同じ場合は、「審査官に対して行った審査請求の趣旨及び理由と同じ」に丸をつけて提出すればOKですし、追加の主張などがあれば、別紙に記入します。

追加で資料を提出することも可能です。

再審査請求書の提出と受け取り通知

審査請求のときと同様、自分の控え用にコピーを取った上で、書留など記録の残る方法で郵送して下さい。

後日、社会保険審査会より、再審査請求書を受け取った旨の通知が届きます。

再審査請求の流れと公開審理

保険者意見と原処分変更

一審の審査請求と同様、社会保険審査会は再審査請求書を受理すると、原処分をした保険者に通知をし、それを受けた保険者は、それまで提出された全ての資料を検討した上で、意見書を作成します。

この意見書は、後述する公開審理の当日に渡されます。

ただし、検討の段階で、保険者自らが当初の決定を変更する場合があります。前回も書いた「 原処分変更」というものです。

原処分変更により、主張が全て認められた場合には、通常、取り下げにより再審査請求は終了します。

公開審理が開催される

一審での口頭意見陳述と異なり、必ず開催されるのが、二審の「 公開審理」です。

公開審理には、再審査請求人や代理人、社会保険審査会委員(審査長と審査員2名)、保険者の代理人(事務官、医師)、社会保険審査会参与という立場の方々が出席し、質疑応答などが行われます。

公開審理の通知と審理資料

公開審理の期日が決まると、審理の半月から1か月ほど前に、その通知と審理資料(原処分のもとになった書類や、審査請求段階での書類、再審査請求で提出した書類など、審理に必要な書類一式が綴じ込まれたもの)、公開審理の出欠ハガキが届きます。

この通知が届くまでに、現在、平均して4〜6か月ほどかかっています。

公開審理には出席しなければならない?

再審査請求人ご本人や代理人の出席は、任意です。開催場所が厚生労働省なので、遠方だったり、具合が悪かったりで出席できないことも多いでしょう。

代理人を立てている場合は、代理人のみの出席でも大丈夫ですし、委任状があればご家族などが代理人として出席することもできます。

公開審理には出席した方がいいのかしら?欠席すると審査に不利になってしまう?

社労士 かこ

公開審理に出席すると、審理の内容がわかったり、口頭で直接意見を述べたり、質問ができるなどのメリットがあります。

とはいえ、公開審理に欠席することによって不利益になることはありませんので、安心して下さい!

社会保険審査会の裁決

公開審理後、社会保険審査会より「裁決書」が届きます。

裁決も、一審の決定と同様、「 容認」(原処分の取り消し)か「 棄却」(原処分を妥当とするもの)、または「 却下」(審査請求が適法ではないとされたもの)のいずれかで、これが行政段階での最終決定となります。

裁決が届くまでの期間は、早いもので、公開審理後の1か月ほど。長いものでは、公開審理後、4〜5か月ほどかかるものもあり、ケースバイケースです。

不服申立て以外の方法

行政訴訟

再審査請求で認められなかった場合、行政訴訟という手段がありますが、これはあまりにハードルが高いですね・・・

ちなみに、平成28年4月の法改正により、一審の審査請求後、二審の裁決を経ることなく提訴することもできるようになりました。

とはいえ、心理面や費用・時間・労力の面など、訴訟へのハードルが高いこと、審査請求に比べて再審査請求で容認される可能性が高いことなどから、ごく限られたケースをのぞき、いきなり訴訟というのは現実的ではありません。

再請求・額改定請求・支給停止事由消滅届

決定のもとになった診断書の内容が極端に軽いなど、状況によっては、あらためて請求しなおす方がよい場合もあります。

再審査請求で棄却されてしまった場合も、事後重症請求であれば、やり直しは可能です。

障害年金の請求の種類と方法〜障害認定日請求と事後重症請求

また、障害等級の不服の場合は 額改定請求、支給停止の場合は、 支給停止事由消滅届という手段があります。

障害年金の受給中に気をつけたいこと〜更新・支給停止・額改定請求

まとめ

障害年金の不服申立て(審査請求・再審査請求)について、だいたいの流れに沿うかたちで、3回に分けて書いてきました。

その最初にも書きましたが、不服申立ては決して簡単ではないため、社会保険労務士などの専門家への相談も、ぜひ検討してみて下さい。

社労士 かこ

弊所でもご相談を受け付けています。
ご相談希望の場合はこちらから!

あわせて読みたい関連記事

障害年金の請求でダメだったときのリベンジ方法「不服申立て」を徹底解説〜その1【不服申立ての概要と準備】 障害年金の請求でダメだったときのリベンジ方法「不服申立て」を徹底解説〜その2【審査請求】